スワインジェネティクス株式会社

海外から原種豚を輸入し、繁殖の能力、肉質、強健性などを改良し、日本向けの高品質な種豚及び豚精液を提供致している会社です。

TEL.053-925-6281

〒431-3303 静岡県浜松天竜区山東2588-1

会社方針

会社方針

養豚経営においてのポイントは、管理技術・栄養(30%)施設(30%)種豚(40%)と思われます。

基本的な考え方

  1. たくさん生ませてたくさん育てる。
  2. 良い品質の肉豚を低コストで生産する。

そこで私たちは、繁殖の能力、肉質、強健性などを改良し、日本向けの高品質な大ヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種等の豚精液を提供いたします。


社長メッセージ

平成20年12月25日にスワインジェネティクス株式会社を設立しました。  良い豚肉を生産するためには、種豚だけでなく環境、管理者、エサが大切です。長年働くなかで、このような情報の提供や今後を担う世代の教育などの重要性を痛切に感じるようになり、平成20年12月25日にスワインジェネティクス株式会社を設立しました。現在は、従来とは異なった養豚経営を日本に定着させようと、様々な試みを実践しているところです。  種豚の販売、豚精液の販売、畜産コンサルタント、畜産関連器材の販売などを通じて、優秀な遺伝子を全国に発信し、日本の養豚業界に貢献していく所存です。

スワインジェネティクス株式会社 代表取締役 鳥居英剛


会社沿革

2008年12月
静岡県浜松市にてスワインジェネティクス株式会社設立
2009年1月
デェロック精液を販売開始
2010年11月
米国・SGI社から育種改良の為に豚精液を輸入
2011年3月
当社は創業以来、12月1日から11月30日までの年1回決算を、決算期を4月1日から3月31日に変更
2012年4月
米国・SGI社から育種改良の為に凍結豚精液を輸入
2012年7月
株式会社広島クライオプリザベーションサービス社に凍結精液作製を依頼
2013年1月
精液採取種雄豚増頭に伴い種雄舎・精液処理室を増築
 

販売精液情報

SEISHI
会社名 スワインジェネティクス株式会社
英文社名 SWINE GENETICS CO.,LTD.
本社所在地 静岡県浜松市天竜区山東2588番地の1 電話:AIセンター 携帯電話:090-1419-8508 担当:鈴木・西村 ファックス:0536-29-9273
液状精液出荷単位(ドーズ) 希釈精液 100ml ×  1本
精液 品種  大ヨークシャー ランドレース デュロック 
給餌飼料 フィード・ワン(株)
主に使用の希釈液名 HIRO SWINE B液
保証精液数 35億個/ドーズ
推奨保存温度 14℃(低)~ 16℃(高)
推奨保存期間 7日間
推奨保存方法 インキュベーター
販売方法 宅配便
豚人工授精師 鳥居喜和
製造責任者  (連絡先) 鈴木・西村 携帯:090-1419-8508 FAX:0536-29-9273
このエントリーをはてなブックマークに追加